連続起業家としての職務経歴書 – 行ってきたビジネスやスキルについて

未分類

インタビューや登壇記事等でまとめていただくこともありましたし、自身のブログで簡単に書いたこともあるんですが、起業前の段階から数億円でのバイアウト、そして現在に至るまでに何をやってきたのか、そして何ができるのか、について僕を雇用できるシリヤト!!というサービスを始めたこともあり整理用記事を書くことにしました。
まぁ僕は別に華々しい経歴とかではないけれども、できることは色々あるし誰かのお役にも立てるよなーってのがこれを書こうと思った背景。

前半では今までの経験について、そして後半では僕は一体なにができるのか、ということについて書いていきます。

大学入学〜ベンチャー内定獲得まで

僕が起業というものを志したのは早くはありませんでした。
過去に経緯を何度か書いてるので詳細は省きますが高校に5年間通ったため、慶應義塾大学経済学部に2007年に入学した際には既に20歳となっており、その頃はビジネスにもうっすらとした関心を持っていただけ。
そのため、入学後は高校の頃から続けていたバンド活動に精を出す毎日。

しかし、大学2年生の夏ごろからそういった分野に興味を持ち出し、いわゆるビジネスコンテストでいくつかの賞を獲得。
また、大学3年の12月にECナビ社(現VOYAGE GROUP)に内定をいただき、大学3年の3月から行った内定者インターンとしての活動が大きくその後の人生を変えていきました。

関わってきた事業(学生時代)

【新規事業関連業務(内定先にて)】
新規や提携事業を行う社長室に配属され、新規事業関連の市場調査や、他社さまとの提携案件における各種関連業務などを行っていました。
例えば会員さま向けのメルマガ執筆なども行っていたんですが、そこでは歴代最高のCTRを獲得したりしていました。

【フラッシュマーケティング事業立ち上げ(内定先にて)】
当時、流行りまくっていたフラッシュマーケティング事業が社内で立ち上がることとなり、志願してそちらの事業部に配属。
こちらでは営業としてテレアポや商談を行い、チームトップの獲得件数でした。
この経験を通じて新規事業ってめちゃくちゃ面白い、と感じ大学4年の8月いっぱいでインターンを離れ、個人でいろいろと試行錯誤をすることに。

【書籍のアフィリエイトサイト】
いわゆる名著を読んだ感想をランキング形式で投稿し、そこからのアフィリエイト収入を得ようという目論見ではじめました。
当時は2010年でしたが、僕のツイートをRTしてくれた方に対してその本をプレゼント、というキャンペーンも行ってたのは当時は珍しかったと思います。
名著であればある程度検索クエリもあるし、感想を経由することでそこそこ買われるのではないか、という仮説だったんですが結論から書くとそこで得た収益は数万円程度(だったはず)。
理由としては、名著って中古1円とかで売ってる場合が多くて、アフィ経由で買われたとしても大きな収益にならなかったんですよね。
ただ、初めて自分で作ったビジネスだったのでわりと思い出深い。

【キュレーションメディア×2】
上記サイトの反省を活かし、検索クエリやトレンドをいろいろ研究しつつ大学4年の秋に作ったサイト。
仮説が当たり、最初の2ヶ月で50万PV/月程度に成長し、そこからは1日15分程度の作業で数百万PV/月、収益も2桁万円/月くらいになりました。
僕が明確に起業を意識したのはここからで、色んな仮説を立てながら高速でPDCAを回してそれが成長につながっていく、っていう経験がめちゃくちゃ楽しかったんですよね。
上記のように時間を大して使ってなかったのに収益もそこそこ得られていたので、後に起業を行うにあたって心理障壁をかなり下げてくれた事業でもあります。
ちなみになぜそんなに時間を使っていなかったかというと、当時は新規事業開発を行うにあたってプログラミングの知識が必要だと感じ、そこに関する勉強をしていたためです。

関わってきた事業(ベンチャー社員として)

僕は総合職として内定をいただいたのですが、志願してエンジニア新卒社員として勤務を開始しました。
そして入社後は研修を行っていただいた後、モバイル広告を取り扱う事業部に配属されそちらでサーバー管理業務に携わっていました。
しかし、短期間での退職となってしまい申し訳なさもあったのですが、いろいろと危機感を覚えた結果退職し、自身の会社を創業しました。

余談ですが、入社後は個人の事業は一切行わず、ただただ会社業務に専念していました。
副業が多くの会社で解禁されたことがニュースになっていますが、まずは自分が行うべき業務に集中したほうが将来的にはプラスになると考える派です。

ちなみにプログラミングについては毎日15時間労働を続けて土日も使って習得に努めていました。
PHPの初級資格も取得しましたが、プログラミングはほんと奥深すぎだしもう7年前くらいの話なんで、現在エンジニアとしては全くたいしたことないです。

手がけてきた事業(起業後)

【Incubate Campでの優勝】
個人で運営してたメディアでの成功体験があったことから、退職したタイミングではまずはそちらの拡大を行っていこうと考えていました。
ただ、退職と時を同じくして参加させていただいたIncubate Campにて優勝した結果、ご出資をいただきスタートアップ企業として創業することとなりました。
ちなみにこの時プレゼンした事業はCHEERZさんやSHOWROOMさんと近いモデルで「アイドル×投げ銭応援」というコンセプトでした。
結果としてこちらの事業はリリースしなかったんですが、その数年後にリリースされた両者の盛り上がりを見るとやっておくべきだったかなーとも感じます。

【全国告白白書】※クローズ済
ごく一部では有名なアプリです笑。
AppBankさんなど各種メディアさまにいろいろと取り上げていただきました
めちゃくちゃ簡単に説明すると、街行く美女・イケメンのリアルな告白音声がスマホで聴ける、というものです。

そもそもなぜこのアプリを作ったかというと、当時bubblyという音声SNSが東南アジアあたりでめちゃくちゃ流行っていて、それの日本版をやるのはありじゃないかという話をしてたんですね。
ただ、当時の僕たちはアプリ開発経験がなかったので、コストをかけずに一回音声に関するアプリを練習として作ってみよう、というのが経緯です。
で、何をやったかというと僕が録音機材代わりのiPhoneを持って原宿、京都、大阪、福岡に出向いて2週間くらいで男女合わせて数百人の音声収録を行いました。
確実に1,000人以上に声をかけたんでだいぶつらかったんですが、後にご出資をいただく投資家の方にも褒めてもらえたんで結果として良かったです笑。

有償プロモーションは一切行わずでしたが、だいたい5万ダウンロードくらいだったかなー。
また、この事業は次の事業につながっていったので、その意味でもやってよかったと感じます。
ちなみにアップデートを行っていなかったので現在はApp Storeから削除済み。

Voip!※事業譲渡済
一言でいうと、音声特化のクローズ型クラウドソーシング事業です。
事業を開始した背景として、当時はスマホコンテンツのリッチ化が加速しており、今では当たり前ですがフルボイスのソーシャルゲームがリリースされることが話題となっていました。
また、全国告白白書のコンテンツ拡大を行う際に声優の方と話をする機会があったのですが、それのみで生活できる人がとても少ないこと、そして実力があっても日の目を見ない方が大勢いることを知りました。

そこで、両者をマッチングすることにビジネスチャンスがあると考え、まずは声優さんを地道に集めた後に各ソーシャルゲーム企業さまに営業を行いました。
また、リリース時には各種メディアさまに取り上げていただき、TechCrunchさまの記事がヤフトピに掲載されたりでリリース当初よりそこそこのご反響をいただきました。
結果としてリリース段階で数百人の声優さまにご登録をいただき、また、初月黒字化も達成していました。

ただ、投資家の方と市場キャップが低いよね、という結論になり別事業を進め、後にココンさま(当時はPanda Graphicsさま)からお話をいただき事業譲渡を行いました。
譲渡したタイミングではご参加いただいていた声優さんは約8,500名でしたが、現在は20,000名を超えているようです。
いいサービスだと思うので、イメージに合う高品質な音声コンテンツが欲しい方がいらっしゃいましたら、ぜひご検討くださいー!

【Animal buzz】※クローズ済
当時はバイラルメディアが大きく注目されていた時期に、動物動画に絞ったそれを始めました。
Voip!担当者のリソースが若干余っていたので、それを使って更新していこうという目論見ではじめ、メディアさまにも取り上げていただきました
開発にかけた時間はたしか3日くらい。
ちなみに分野を絞って始めたのはこういうスタンスだと本気で取り組む全カテゴリ系のバイラルメディアに勝てないよなーと考えニッチな場所で生きていこうと思ったため。
結果として、担当予定だったバイトの方が退職したりもあって更新頻度が落ち後に閉鎖。

【tabikul】※クローズ済
簡単に説明すると、海外旅行に関する希望を伝えたら現地に住む日本人にオーダーメイドの旅行プランを作成してもらえ、かつ各予約作業も全て弊社で行うよ、というサービス。
人生で一番準備に時間をかけたサービスでもあり、チーム崩壊という苦い思い出もあるサービスでもあります。

そもそも大きい市場で勝負したいというところから発想が始まっており、旅行というカテゴリに絞った後にヒヤリングを行ってたぶん100人くらいにはお時間をいただきました。
また、資格保有者を雇いつつ第三種旅行業を数百万払って取得し、システムについてもかなり大きいものを作ってました。
結果としてこれはイケると思って始めたんだけれども、ユーザーニーズを達成することに重きを置きすぎて、オペレーション最適化を軽視しすぎてしまったなーと。

こちらも売上が初期から3桁万前半くらいまで行ったんですが、オペレーションの煩雑さと利益率の薄さが思ったよりもしんどい。
また、上で書いたようにチームが崩壊していたため、事業継続が不可能となってしまいクローズ。

【チーム崩壊と鬱状態】
これは事業ではないんですが、大きい出来事だったんで書いておこうかなーと。
結論として僕のマネジメント力不足が原因だったんですが、当時は社内が完全に派閥化してしまっており、意思決定を行う上でめちゃくちゃ時間を要するようになっていました。
そうなってしまった理由としては僕が「みんなが納得感を持った状態で事業を進めよう」という考えであった、そしてその旨を採用時からメンバーに伝えていたからです。

いろいろな意見はあると思いますが、特に初期段階においてはスタートアップの意思決定はトップダウンであるべきです。(ここらへんはまた書きます)
にもかかわらず、上記のような状態であり、また、決定的なできごともありチームを解散することにしました。
結果として、10人くらいいたスタッフは僕とアルバイトの方1人のみが会社に残るという結果に。
しかも精神的にかなり疲弊しておりメンタルクリニックに行ってみたりもしたんですけど、これについては別途書いてみるつもり。
※書きました:起業家が鬱になるということ。そしてそこからの回復。

【キュレーションメディア×2】※クローズ済
資金も事業もチームもない、おまけに鬱、でも頑張らなきゃ。
ということで学生時代の経験を活かし2匹目のドジョウを狙いに行ったもの。
ひとまず土台を作って更新を始めたものの、次に書く事業に本腰を入れると決めたため開始後すぐに停止。

【Japan Info】
伸びに伸びまくっていた訪日旅行者向け市場の調査のために、浅草に行って数日間で200人くらいにヒヤリングした結果、ピボットとかは一切考えず、倒れるまでこのカテゴリで突き進むぞ、という決意を固めました。
余談ですが、ヒヤリングの際は外国の方に「大学のレポートで…」と声をかけていたんですが、当時28歳くらいであったにも関わらず一度もそれを疑われませんでした笑。

それはさておき、サービス開始時はサーバー立ててデザインもして3日間程度でサイトの基盤を作り、記事も自分で書いてそれを翻訳サービスに投げて投稿、ソーシャル周りや広告周りも全部1人でやる、という体制で進めていました。
その後、これはやはりイケるという手応えを得てからは徐々に採用を始め色んな方に手伝ってもらったり、英語もたいして話せないのに会社の公用語を英語にして外国人スタッフの雇用も始めました。

その後資金調達も経ながら対象言語を拡げつつマネタイズ開始後すぐに数百万円規模の売上が続くなどの事業拡大を続けた後に、事業開始から1年10ヶ月でのバイアウトに至りました。
その後、約フジ・メディア・ホールディングスグループの一員としての約2年間の勤務を終えた後、代表取締役という役職から離れました。

手がけてきた事業(2回目の起業後)

シリヤト!!
現在主に進めているのは、要するに月額3万円から僕を雇えるよというサービスで、約2ヶ月前に開始したんですが直近6連続で初回無料MTG直後にご発注をいただくなどご好評をいただいています。
最近までは他のことも色々やっていたので全リソースを割いてやってきたわけではないのですが、来月くらいからはマーケティングも色々とやってみようかなーと。
ご発注がある程度の件数に達したら新規受付は止めようと思っているので、ご興味ある方はお早めにご連絡ください。

【その他事業】
色々と興味があって準備をしつつな状態です。
しばらくは上記のシリヤト!!を進めていくつもりですが、これはいけるんじゃないかっていうアイディアもあるので折を見てそちらに注力していくつもり。
どのタイミングでそれらについてもオープンにするかは決めてないけれどもどこかでリリースするかも。

資金調達やバイアウト絡みの経験

【エクイティ・ファイナンス】
前の会社では以下4社さまにご出資をいただいています。
ーーーーー
・Incubate Fundさま
・East Venturesさま
・ベンチャーユナイテッドさま
・ガイアックスさま
ーーーーー
もう少し細かく書くと、創業時にIncubate Campで優勝したことでIncubate Fundさまよりご出資を受け、Voip!のリリース後にEast Venturesさまよりご出資。
その後、組織崩壊後のどん底期にEast Venturesさまより追加のご出資をいただき発奮。
Japan Infoリリース後にベンチャーユナイテッドさま、ガイアックスさまよりご出資をいただいた、という流れです。

【デット・ファイナンス】
政策金融公庫さまと地銀さまからのご融資を受けた経験があり、前の会社ではご融資を完済しました。

【事業譲渡・バイアウト】
上でも書きましたが、音声クラウドソーシング事業をココンさまに譲渡し、訪日旅行者向けWebメディア運営時にフジ・メディア・ホールディングスグループさまに会社を約3.5億円でバイアウトしました、
ちなみにバイアウトじゃなくてセルアウトの方が正しいってのは分かってるんですが慣習的にバイアウトがなぜか使われているのでこのように書いています。
両方とも、なかなか表に情報がないので、ここらへんについて聞きたい方は遠慮なくどうぞー!

性格・得意不得意・スキルと経験

【性格】
ポジティブ、正直、(良くも悪くも)まじめ、自分が意味を見出だせないとやる気が出ない、あたりが主なところかなーと。
ちなみにストレングスファインダーでは2014年が「コミュニケーション・達成欲・学習欲・社交性・戦略性」、2019年が「達成欲・内省・最上志向・戦略性・学習欲」という結果で、この数年で社交欲が明らかに失われててわらう。
それはさておき良くも悪くもわりと常識があるタイプで、ぶっとんだ感じの経営者ではないです。

【得意なこと】
・自分が決めたことの継続力
・思考の言語化
・本質思考
・行動力
・常にテンションが一定
・人当たりが良い
あたりかなーと。

継続力に関しては起業してから2年以上、毎日欠かさずブログを書き続けたこともあります。
あとは器用貧乏なので、ゼロからある程度のレベルまでキャッチアップするのはかなり早いと思います。
例えば受験勉強時には開始時には40台だった偏差値を5ヶ月で75まで伸ばして全国トップの伸びだったり。

【不得意】
上でも書きましたが、やる意味がないなーと感じたことに全然頑張れない。
あとは細かいことが嫌いとかではないんですが、事務作業とかも苦手。
それと早寝早起きもなかなか。

【スキル】
・事業の立ち上げ
・(特に海外向けの)SNS運営や広告出稿
・コミュニティづくり
・事業の構造(マニュアル)化
・各種資金調達(総額1億円程度)
・SEOやプログラミング、デザインなど広く薄い事業に関わる知識
・未習得スキル・知識をある程度まで持っていく早さ
・人前で話すこと

事業については考えることも好きだし、簡単な開発を行ってヒヤリングして実際に動かすみたいなのも好きです。
色んなものをKPI化してPDCA回していくってのは仕事以外でもやるくらいなのでもはや趣味。

海外向けのマーケティングについては、Facebookページにて3億imp、500万アクション獲得であったり、広告なしでTwitterアカウント6万フォロワー獲得であったりとか。
本サイトもGoogle Analyticsで約200国・地域からのアクセスを獲得していました。

コミュニティづくりに関しては音声クラウドソーシングで声優さんを(当時)8,500人、訪日旅行者向けメディアでライターさんを数千人くらい集めて組織化してました。

その他経験

上で書いてなくてやったことある人が少ない経験は以下あたりかなーと。
・横浜→東京ヒッチハイク
・インドでのギター弾き語り旅
・フルマラソン完走
・バンジージャンプ×2
東京→福岡自転車横断

これをやったからといって別になんてことはない話なんですが、好奇心とやりきり力は強い方だと思ってます。

最後に

色々と書いてきましたが、これから面白い事業もっとやっていきたいし、もっと沢山のことができるようになっていきたいなーと思ってます。
書ききれてないことも色々あるので、まぁまずは一回話をしてみよう、事業について相談したい、と思った方はこちらのページからお気軽にご連絡くださいー!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧